単身赴任 自炊 (^^ゞ

単身赴任中の自炊・家族・社会人から看護学校・徳島県美馬市・阿波市・日々のことを書いています。

子供の自殺・不登校 連休明け注意

こんにちは。

私は、夏休み・春休み明けに子どもの自殺が多いと思っていましたが連休明けも注意が必要と経済新聞に掲載されていました。

f:id:hunnwariyuki:20210505162858p:plain

わたしを含め特に「単身赴任中」で帰省ができない方は、子どもの変化に気付きにくいと思います。

私自身も長い休みが終わる頃にまめに「長女・次女」に連絡をする様にしています。

明日、5月6日から学校が始まります。

あなた」も子どもさんに変化がないか今晩、いつも通り会話をされてはどうでしょうか?

 進学やクラス替えなど環境の変化から間もない5月は子供にとってもストレスがたまりやすい時期で、自殺や不登校が増える傾向にある大型連休明けは特に注意が必要だ。

新型コロナウイルス禍で外出の機会が減り、家庭生活による新たなストレス要因も影響が懸念される。専門家は「今年はより多くの子供からSOSが出る」と警鐘を鳴らす。

【表でみる】子供の自殺直前のサイン

f:id:hunnwariyuki:20210505162153j:plain 

「新年度が始まって環境が変化しても、1カ月は気が張っていてそこそこ我慢できる。だけど連休に入って脱力したとき、子供は自分が苦しいことに気づく」

 不登校や引きこもりの専門紙「不登校新聞」の石井志昂(しこう)編集長(39)は、子供をめぐる5月特有の懸念を説明する。  

環境の変化から1カ月がたち、新しい人間関係が固定されることに伴ういじめの本格化、運動会といった学校行事への重圧などが背景にあるという。  

約40年間の日別自殺者数を集計した平成27年度の内閣府の統計によると、長期休み明けで18歳以下の自殺者が多い時期は、夏休み、春休み、ゴールデンウイーク(GW)の順だった。  コロナ禍における昨年の小中高校生の自殺者数は過去最多の479人。うち特に多かった6月は新型コロナによる長期休校明けで、年間最多だった8月は短縮された夏休みが明けた時期だった。

5月はGW明けも休校が続いた地域が多く、影響が少なかった可能性があるが、今年はより警戒が必要となる。  

石井さんによると、緊急事態宣言が出た東京を中心に巣ごもり生活を余儀なくされ、保護者との関係に行き詰まって家庭不和が生じるなど、新たなストレス要因にも注意が必要とされる。  

5月に子供が発する「ストレスサイン」としては、(1)GW後に体調を崩しやすくなる(2)学校行事後に登校できない(3)手洗いや風呂に何度も入るなどこだわりが強くなる(4)兄弟やペットなどをいじめる-などの兆候が見られるという。  文部科学省は、子供から「死にたい」と訴えられたり、自殺する恐れがある子供に出会ったりしたときの対処法として、「TALKの原則」を周知している。

「言葉に出して心配していることを伝える」(Tell)、「『死にたい』という気持ちについて率直に尋ねる」(Ask)などの頭文字をつなげたものだ。  担当者は「安易に励ましたり、叱ったりするのではなく、TALKの原則を確実に徹底してほしい」と呼び掛けている。                      経済新聞

 自殺してからは、遅い。

あなた」も子どもさんに変化がないか今晩、いつも通り会話をされてはどうでしょうか?

わたしは、今日の夜に妻子に電話します。

最後まで読んでいただきありがとうございます。 

にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村